CDRとは? -各種成果-

CDRによって具体的には以下のような施策の施行が促進されています。

子ども虐待・ネグレクト

自殺

中毒

交通外傷

溺水

火災

製品安全性

急性心臓死

未熟児出生

睡眠環境改善

その他

このような具体的施策促進だけではなく、CDRの実施により以下の効果が認められています。

  1. 死亡児の同胞の安全担保上の関係機関の反応性向上
  2. 十分な情報収集、各機関の死因同定の正確性の向上
  3. 関係機関の連携の改善、効率性の向上
  4. 犯罪としての捜査、訴追状況の改善
  5. 地域の子どもへの医療提供体制の改善
  6. 子どもの死亡に寄与するシステム上の障壁の同定
  7. 法/施策改正の必要性の同定と権利擁護活動の増加
  8. 子どもの死亡のトレンドや、リスク要因の把握
  9. 子どもの健康や安全に関しての市民啓発機会の増加

HOME | CDRとは?: 歴  史各種成果具体的実践例具体的施策提言関連解説動画 | 日本における現状: 現在の取り組み全国の状況
研究に参加する: 研究概要研究の具体的要旨研究全体の流れ事例登録小児死亡対応時にシンポジウム・講習会CDR各種資料お問い合せサイトマップ