シンポジウム・講習会

第121回 日本小児科学会学術集会

特別企画1: 予防可能死を減らすためのチャイルドデスレビュー(CDR)
~医療者は何が出来るか~
日時:平成30年4月20日(金)10:10-12:10
場所:福岡国際会議場3F 第一会場(メインホール)
座長:小川 厚 福岡大学筑紫病院小児科/小林正夫 広島大学小児科
演者
*CDR総論:溝口史剛 前橋赤十字病院小児科
*不詳死の原因究明と虐待死見逃し防止の観点から:仙田昌義 国保旭中央病院小児科
*事故死検証・データ収集の必要性の観点から:山中龍宏 緑園こどもクリニック
*小児・新生児医療提供体制改善の観点から:森 臨太朗 国立成育医療研究センター政策科学研究部
*多機関連携でのCDRの実施の実際(医療者の果たすべき役割):沼口 敦:名古屋大学病院救急科 会員


HOME | CDRとは?: 歴  史各種成果具体的実践例具体的施策提言関連解説コンテンツ | 日本における現状: 現在の取り組み全国の状況
研究に参加する: 研究概要研究の具体的要旨研究全体の流れ事例登録小児死亡対応時にシンポジウム・講習会CDR各種資料お問い合せサイトマップ